健康改善に役立つ最新ニュース


健康診断に関するニュース

最近の健康診断に関するニュースを紹介します。健康診断を受診しない人は保険料を引き上げることを検討すると政府が発表を行いました。政府が策定する成長戦略の中に健康づくりや病気の予防に対して熱心に取り組んだ人に対する国民健康保険の加入者に対して、保険料の軽減などを考慮するという制度の導入が検討されることが示されました。理由は年々増加してきている医療費の増加に歯止めをかけるためです。一方で健康診断の対象であるにもかかわらず、まったく受診しないなど病気の予防に対して無関心な人の保険料は引き上げるようにするというのです。実際に企業などの健康保険組合では実施されているケースがあります。東京都職員共済組合では組合員の検診結果に応じてヘルスケアポイントを付与する仕組みを導入しています。肥満度や血糖、血圧、脂質の値によってヘルスケアポイントが付与されます。また、特定の人の保険料を引き上げるというシステムを導入している健康保険組合もあります。

脳ドックに関するニュース

脳ドックは比較的以前から行われている検査ですが、非常に検査料金が高いという事情からまだまだ誰もが気軽に行うことのできる検査にはなっていません。しかし脳梗塞の可能性などを正確に把握することができる有意義な検査であるため、家計に脳梗塞の既往者が多い場合などに自費で追加するという選択肢を取る人も徐々に増えています。
潜在的な需要は非常に高いものがある様で、ニュースで有名人が脳疾患で倒れたりする報道が行われると脳ドックの需要に一気に火が付くという傾向があります。若干不謹慎な話ではありますが、テレビなどで活躍する有名人等の影響が非常に大きいことが再確認される事象がおこるのです。
脳ドックは自費で行った場合、二万五千円から三万円程度を必要とする極めて高額な検査です。40歳を超えると誰しもリスクが高まってくると言われていますので検査を行うことのできる余裕がある際には一度検査を受けておくことが推奨されます。早期発見できれば採り得る手段も沢山あるのです。